おやこ名刺を渡すタイミング

女性おやこ名刺は渡す場面や渡す相手も多少は気を使わなければなりません。通常の営業用の名刺と違い仕事はないため、あくまでツールとしての認識としておいた方が良いでしょう。幼稚園や小学校、子供の習い事、乳児健診等の子供と保護者同士が顔を合わせる機会が多い場所で主に渡す事が多いです。渡すタイミングとしては一番初めに挨拶や会話をする際に渡す必要はありません。ある程度会話をして相手の保護者がどういった人間性なのかを把握し、今後交流を深めていきたい人だと思えた段階で渡しましょう。保護者同士とはいえ、決して仲良くなれるとは限りません。子供同士でのトラブルや些細な事で仲が崩れる可能性があります。その際に名刺を渡してしまった後ですと、個人情報を相手に渡してしまっているので不安要素の一つとなってしまいます。おやこ名刺を有効に活用したい場合は渡す相手の人選もしっかり行うのがポイントです。

おやこ名刺を有効に活用することができればママ友同士交流が深められ、情報を共有でき、自分一人では得られない情報も知ることができる大きなメリットがあります。保護者同士の付き合いは非常に重要なものなので、それを円滑にできるツールといえるでしょう。

 

ママ友づくりと名刺交換

ママ友づくりのツールとして、名刺を作る方が多いとききます。名刺といっても、会社で作るような形式ばったものではありません。かわいいカードに子供の名前、誕生日、連絡先を記載したもので、育児サークルで知り合った同じ子供連れのママさんに、「よかったら今度ご一緒しましょう。」と手渡すことで、月齢の近い子供をもつ人と、連絡を取り合うきっかけをつくるためのものです。プレママ雑誌でも、ママ友づくりの有効手段として紹介されています。

しかし、あるとき育児雑誌をみているとこんな投書が載っていました。「ママ友を作りのために名刺を配るママさんがいますが、私はそういう人には、とにかくママ友が欲しい、という必死さを感じてしまいます。そういう必死な人は、たいてい、どこに行くにも何をするにも一緒、という面倒くさい付き合いを要求してきます。このため、私は名刺を配る人をみると、逆に友達になることを敬遠してしまいます。」。友人をつくるときには、肩の力を抜いたほうがいいのかもしれないですね。

 

今はやりのママ名刺に思うこと

今、巷では「ママ名刺」なるものが流行っているそうです。なんでも、「主婦だって大変な仕事をしているのだから、名刺ぐらいもっていてもおかしくない。」ということで、某有名女性雑誌が提案して広まったものなのだそう。自分の好みの柄の名刺の用紙に、ママの名前と子供の名前、連絡先を記載する、とうのが一般的なスタイルのようです。公園や保育園で知り合った人と、連絡先を交換しましょう、といったときにさっとだして相手に渡せるので、とても便利とのこと。

このように聞くと、ものすごくママ名刺を作りたくなってしまいますが、一部には「連絡をしようと、名刺に書かれたメアドや携帯番号を携帯に打ち込むのはとても面倒です。さっと名刺を渡されるより、携帯を出してもらって赤外線通信をしてもらったほうがありがたい。」という意見も。いくらはやっているものとはいえ、ママ名刺を使う時は、渡す側の自己満足に終わらないように、渡す相手を慎重に選んだほうがいいのかもしれないですね。

 

専業ママでも名刺があると便利です。

名刺って便利です。会社勤めをしていない自分ですが、子どもの幼稚園や学校でのお付き合い上、メールアドレスや住所を教える機会が意外とあるからです。私の場合、メールアドレスが長く分かりづらいため、はっきり言って紙に書いてお渡ししたところで、打ち込んでもらうのが申し訳ないくらいなんです。それなので、名刺にはQRコードを載せて、取り込んでもらえるようにしています。これなら、打ち込んでもらう手間が省けます。

また、住所の裏には簡単な自宅周辺の地図を印刷。子供が遊ぶ約束をして家に来てもらうときに、説明せずとも分かってもらえるので、利用する機会が多いです。毎回手書きしなくても、お財布や手帳に数枚挟んでもっていれば、必要な時にさっとお渡しできるので、本当に便利なんです。さて、この名刺、いまは自分でプリンターで印刷しているのですが、そうするとどうしても用紙の厚さが気になります。厚めの用紙をつかっても、自分での印刷だと、やっぱり作ってもらったものより薄くなってしまいます。最近、この薄さは人間性の薄さみたい…と思えてきたのでちゃんと専門の印刷屋さんで作ってもらおうかと検討しています。

 

 

 

 

 

 

おやこ名刺のメリット

スマホおやこ名刺を持っているメリットの一つとして大きいものが交流の幅を広げるという役割です。名刺には一つの小さな紙に自分に関する最低限の情報が詰まっています。その名刺から話題が生まれて交流を深めることができます。電話番号、メールアドレス、SNSのアカウントなど、交換したりするには手間が多少かかります。その場で伝えたりしても結局交換しただけで終わってしまうケースもあります。そのためしっかり相手の手元に物として残る名刺は非常に有効なツールです。

手元にしっかり情報が残っている物があれば家にいる時にゆっくりスマホで登録したり、SNSのアカウントを入力して、その人を見ることができます。SNS等で自分が載せている情報も新しければ、別の共通の趣味があったり、出身地が一緒など新たな話題が生まれる可能性が非常に高くなります。おやこ名刺はファーストインプレッションを大事にする印象が強いですが、本当の狙いはそこから先の深い交流です。

おやこ名刺に載せてある子供の情報も載っていれば年齢や性別は勿論名前のあて字やアレルギー情報が載っていれば受け取った相手もすぐに把握できます。一々口頭で伝える必要がなくなるのでそういった手間が省けるのもメリットの一つと言えます。

 

素敵な名刺について思うこと

素敵な名刺について、私が感じていることをお話します。私は、名刺を働いている時に、必ず持参していました。そして、会った人に対して必ずその名刺を渡していたのです。そして、相手の方も必ず名刺を、私にくれたのでした。そのため、私の名刺はあっと言う間に、なくなているのでした。そして、新たに名刺を作成するときは、前のものより、少しバージョンアップしたものを作っていました。それを作成するときは、頂いた名刺の中から参考にしていました。その中には、素敵な名刺がたくさんありました。

そしてその中では、その人が住んでいる県をアピールしたものや、その人自体をアピールしたものがありました。そして一番、印象に残るものは、その人の顔写真がのっているものです。それは、頂いた時が蘇ってきて一番、その人のことを思い出します。そのため、私も住んでいる県をアピールした内容や、私の顔写真を載せたものを作成していました。その名刺の作成したものは、今でも大切にのこしています。

 

名刺の作成は自分で行おう

私は仕事をする上で名刺は重要だと思っています。名刺のデザインが自分の納得行くものでなければ使いたくありません。昔は私は名刺作成を業者に委託していたのですが、今は自分でデザインして印刷まで自分でやっています。業者に細かいニュアンスを説明しても伝わらず、いつも不満に思っていたからです。名刺のデザインに拘らずに、不満があっても妥協して使っていたのでは、本業の仕事のほうも同じような姿勢で取り組んでいるのではないかと思われてしまいます。

これは相手に伝わらないことなのかも知れませんが、自分の中の拘りとして名刺に作成に対して手を抜きたくないと思っています。そんな名刺作成ですが、パソコンとプリンターさえあれば簡単にできてしまいます。ポイントとしてベータ曲線を扱えるイラスト系のソフトを使うのですが、これも無料で提供されているものもありますし、使い方もWeb上に掲載されています。名刺に拘りたい人は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

二つ折り名刺の印刷は仕上がりが綺麗でショップカードとしておすすめ。

自宅のプリンターを使って名刺を自分で作成されている方もいます。業者に依頼するより安く費用を抑えることができますから、自営業者の方にはおすすめです。これから、事業をはじめる方にもおすすめできます。最近は、名刺を作成するソフトが多く販売されています。そのようなソフトを使うと初心者の方にも簡単に作成できます。デザインテンプレートもありますから、好きなデザインを選んで、簡単な文字の編集をするだけで名刺が作成できます。

最近は、名刺印刷の業者に依頼すると、最短でその日のうちに発送してくれます。急いでいる方には、おすすめです。最近、流行りの二つ折り名刺を注文することができます。二つ折り名刺は、ショップカードとしても利用されています。お店のメンバーズカードや、ポイントカードとしても利用されているお店もあります。最新の印刷機で仕上がりがとても綺麗です。最近は、営業マンの方も二つ折り名刺が人気があり、利用されている方が増えています。

 

 

 

 

名刺の作成

名刺おやこ名刺は作り方に主に2種類あります。自分で制作する方法名刺作成業者に依頼して作ってもらう方法があります。自作する場合はPCやプリンタ、作成ソフトが必要になります。自作する場合は安っぽくならないように名刺用紙も厚紙や透明の紙を使いましょう。あくまでクオリティにこだわりたい方は自作するのにも手間がかかりますので多少料金はかかりますが業者作成を依頼しましょう。大体ですが100枚1500円ほどで作ってくれる業者もいますので自作する費用とそこまで差はありません。

おやこ名刺を作成する際に専門業者に依頼すると手間と時間がかからない事もありますが、デザインが自作するよりも非常に幅広く選択できることが良いポイントです。デザインに限らず用紙の種類もプラスチックやメタリックパール等の素材が選べます。細かくこだわりたい方には良いでしょう。ハイクオリティで尚且つ完全オリジナルのものを作りたい場合はフルオーダーで名刺を作成してくれる業者さんもいるので依頼してみるのも良いでしょう。

業者に依頼することにより、名刺のクオリティと枚数、出来上がりまでのスピードが自作するよりも保証できるでしょう。自作も味があり作るのが楽しい人には苦ではないため、自分に合った方法を選択しましょう。

 

名刺作成に時代を感じました

わたしは社会人になってから15年が経ちます。先般、自分自身の名刺の過去からの変遷をたどってみました。すると内容や作成指示、紙質など歴史を感じましたのでご紹介します。まず、15年前。これは裏書指示もせず、アルファベット表記もなくとにかくシンプルなデザインでした。ただし、紙質は今より高いものを使っています。そして、次の大きな変化は10年当たり前です。エコが少しずつさけばれるようになり、再生紙利用の表記が入るようになっていました。名刺の表記そのものはかわらずです。

そして次です。5年くらい前でしょうか。わたしは大きな変化はありませんでしたが、人によっては英語表記が入るようになっています。そして、今です。事業のグローバル展開とともに全員が英語表記をいれるようになりました。経費削減より名刺の英語表記のほうが優先されるようになりました。これこそまさしく時代の流れで我社は、全員がこういうルールでうごいています。

 

一度でいいから名刺を持ってみたい

私は、今まで一度も名刺を持ったことがありません。正社員の経験自体、大学卒業後から結婚までの3年半ほどしかなく、営業などの客先に行くような業種でもなかったので、結局作らずじまいで、そのまま現在に至っています。なので、いい歳をして未だにちょっと憧れていたりします。そういえば近頃は、写真入りは言うに及ばず、いろんなアイデアが込められたものがたくさんあるんですね。パズルになったり音楽が鳴ったり、サイズもあの形だけではなく、色々あります。作るのも大変ですが、どうやって自分をアピールするかという一番の武器ですから、あれこれ考えるのも楽しいですね。

その人のセンスやスキルが問われる一枚になります。話し変わりますが、夫は当然名刺を持っているのですが、新しくなると一枚私にくれます。緊急時の連絡用なのですが、これがまたしょっちゅう変わるんです。肩書はもちろんのこと、数か月単位で部課名が変わり、社名が変わり、ロゴが変わります。何でこんなに落ち着きのない会社なんだろうと不思議で仕方ありませんでした。変わるたびに古いものはゴミになるんですから、無駄ですよね。一応ペーパーレスを提唱するIT企業なのに、ちょっと考えさせられました。

名刺の活用法

犬名刺という言葉を聞いて主に使うのは大人で職業がビジネスマンで営業目的があるという人が多いというイメージがあるでしょう。名刺にもその利点を生かした幅広い人たちに利用されるような工夫が近年されてきています。その一つがペット名刺です。ペット名刺は飼い主同士の交流を深める意味もあり、飼い主のコミュニケーションに役立っています。おやこ名刺というものもあります。ママ名刺、ママ友名刺などという別名がありますが、こちらも似たような目的で交流を深めるツールになっています。喫煙者同士が喫煙室でコミュニケーションをとるためタバコはコミュニケーションツールという形も確立されていますが、名刺もコミュニケーションツールになり得ています

名刺なので初めて顔を合わせる時の母親同士のコミュニケーションツールになります。名刺に乗せる内容は親子の名前、連絡先、ブログ、SNSなど自分たちの情報を自由に載せることができます。デザインも自由度が高いため作る楽しみも生まれるので良いでしょう。一番初めに話をするときに話はしても続かない場合はどうしてもその場限りの関係で終わってしまいます。今後の交流のために自分の事をしゃべらずとも相手に知って貰い、相手に自分たちに興味を持ってもらえれば今後の付き合いに繋がっていくでしょう。

堅苦しいイメージのある名刺ですが、おやこ名刺というツールは自由度が高くラフな交流を補助してくれるでしょう。当サイトではおやこ名刺について説明します。

 

自宅で名刺を印刷したい母

最近組織に属さない人でも、名刺を持っていることがよくあります。名刺を持てば相手がどんな人だかわかるし、印象的な名刺にして相手の記憶に留まりやすくすることもできるなどの利点から持つ人が増えているのだと思います。私の母も専業主婦だが、名刺を持ちたいと思っている人の一人です。連絡先は今や携帯が普及しているので交換は容易だが、連絡先の交換をよりビジネスライクにしたいこともあるそうです。

だが、彼女にとって問題なのがうちのプリンターです。名刺の印刷に使いたいのだが、プリンターを使う機会が少ないためすぐにインクが固まってしまって印刷できなくなってしまいます。自宅のパソコンで名刺を制作し、その隣のプリンターで印刷できれば、どれほど便利だろうと思います。実際それができる家庭は世にあふれていると思うが、うちでは滅多にプリンターを使わないためそれが容易でないです。そうなれば印刷会社に頼むというのが普通だが、なんとなくそこまでするのはおっくうなようです。どうしたものか。

 

家庭で名刺の印刷を。

名刺というと、ビジネスシーンでのみ出番のあるもの、という概念は、最近ではめっきりなくなりました。学生さんだって、主婦だって、名刺を持っていてもいいのです。自分のブログや、ホームページ、メールアドレスや携帯番号などを一枚の名刺にまとめてしまえば、自己紹介の時、さっと渡せてとても便利です。特に、バーコードリーダーで読めるようにバーコード入りにしてしまえば、赤外線通信のないアイフォンであっても、瞬時に情報が交換できます。

イラストを入れたり、写真を入れたり、背景をチェック模様にしたり、ピンクにしたり、はたまたシックに白黒トーンにするのもいいでしょう。働いている人は、会社の名刺をお持ちかと思いますが、仕事で出会った魅力的な人へは、お近づきのしるしに、オリジナルのマイ名刺を一緒に渡すなんて、スマートで自然です。パソコンとプリンターさえあれば作成から印刷まで1時間とかからずオリジナル名刺が作成できますから、ぜひこの機会に作ってみてください。