ホーム » 未分類 » 名刺の活用法

名刺の活用法

犬名刺という言葉を聞いて主に使うのは大人で職業がビジネスマンで営業目的があるという人が多いというイメージがあるでしょう。名刺にもその利点を生かした幅広い人たちに利用されるような工夫が近年されてきています。その一つがペット名刺です。ペット名刺は飼い主同士の交流を深める意味もあり、飼い主のコミュニケーションに役立っています。おやこ名刺というものもあります。ママ名刺、ママ友名刺などという別名がありますが、こちらも似たような目的で交流を深めるツールになっています。喫煙者同士が喫煙室でコミュニケーションをとるためタバコはコミュニケーションツールという形も確立されていますが、名刺もコミュニケーションツールになり得ています

名刺なので初めて顔を合わせる時の母親同士のコミュニケーションツールになります。名刺に乗せる内容は親子の名前、連絡先、ブログ、SNSなど自分たちの情報を自由に載せることができます。デザインも自由度が高いため作る楽しみも生まれるので良いでしょう。一番初めに話をするときに話はしても続かない場合はどうしてもその場限りの関係で終わってしまいます。今後の交流のために自分の事をしゃべらずとも相手に知って貰い、相手に自分たちに興味を持ってもらえれば今後の付き合いに繋がっていくでしょう。

堅苦しいイメージのある名刺ですが、おやこ名刺というツールは自由度が高くラフな交流を補助してくれるでしょう。当サイトではおやこ名刺について説明します。

 

自宅で名刺を印刷したい母

最近組織に属さない人でも、名刺を持っていることがよくあります。名刺を持てば相手がどんな人だかわかるし、印象的な名刺にして相手の記憶に留まりやすくすることもできるなどの利点から持つ人が増えているのだと思います。私の母も専業主婦だが、名刺を持ちたいと思っている人の一人です。連絡先は今や携帯が普及しているので交換は容易だが、連絡先の交換をよりビジネスライクにしたいこともあるそうです。

だが、彼女にとって問題なのがうちのプリンターです。名刺の印刷に使いたいのだが、プリンターを使う機会が少ないためすぐにインクが固まってしまって印刷できなくなってしまいます。自宅のパソコンで名刺を制作し、その隣のプリンターで印刷できれば、どれほど便利だろうと思います。実際それができる家庭は世にあふれていると思うが、うちでは滅多にプリンターを使わないためそれが容易でないです。そうなれば印刷会社に頼むというのが普通だが、なんとなくそこまでするのはおっくうなようです。どうしたものか。

 

家庭で名刺の印刷を。

名刺というと、ビジネスシーンでのみ出番のあるもの、という概念は、最近ではめっきりなくなりました。学生さんだって、主婦だって、名刺を持っていてもいいのです。自分のブログや、ホームページ、メールアドレスや携帯番号などを一枚の名刺にまとめてしまえば、自己紹介の時、さっと渡せてとても便利です。特に、バーコードリーダーで読めるようにバーコード入りにしてしまえば、赤外線通信のないアイフォンであっても、瞬時に情報が交換できます。

イラストを入れたり、写真を入れたり、背景をチェック模様にしたり、ピンクにしたり、はたまたシックに白黒トーンにするのもいいでしょう。働いている人は、会社の名刺をお持ちかと思いますが、仕事で出会った魅力的な人へは、お近づきのしるしに、オリジナルのマイ名刺を一緒に渡すなんて、スマートで自然です。パソコンとプリンターさえあれば作成から印刷まで1時間とかからずオリジナル名刺が作成できますから、ぜひこの機会に作ってみてください。